スポンサードリンク

2007年09月28日

平屋の家づくり 間取り



この間取りが決まるまでに、6ヶ月を要した。南北に、ほそ長い土地なので、何度も何度も図面を書き直してもらった。

お陰で、つかい易く、無駄のない間取りとなった。

和室6帖・和室6帖(広縁別)・リビングダイニング・ロフト・土間・子供部屋(将来は2部屋に分ける)・納戸

zumenn.JPG


1階床面積 30.55坪(101.02u)
ロフト面積 1.25坪(4.14u)


和室

和室2部屋は、続き部屋に。子供が小さいので、みんなで2部屋に布団を敷き寝ている。リビングとのつながりで、冬は暖かく、夏は涼しく寝られる。
将来1部屋は、親を呼んで暮す予定。その部屋には、テレビの配線、エアコンの配線、電話の配線も完備させた。今は、私の部屋。
リビングと和室を区切る引き戸3枚もつけた。


水周り

水周りを揃えて、家事の流れが、スムーズになるようにした。これは、大正解
炊事をしながら洗濯の準備、お風呂を洗ってから、また炊事と、流れがスムーズに。洗面所には、キッチン側からと廊下側から入れる。
子供が大きくなった時に、お風呂から出てそのままリビングを通らずに自分の部屋に行ける様に引き戸をつけた。風通しも良いので、入り口2つは、とても重宝だ。


トイレ

最初、洗面所のところがトイレだった。ただ、リビングから近いので水の流れがうるさかったり、お客さんが来たときにゆっくりトイレに入れないだろうと言う事で、この場所に。場所も、鬼門からも外れていて、GOOD!


ロフト

子供たちの遊び場のはずだったが・・・・本当は、私の隠れ家。今はパソコンルームになっている。
ロフトからは、リビングも、キッチンも、和室も、見渡せる位置に。ロフトにいながらリビングにいる家族と会話も出来る。


土間

ロフトの真下が土間。140cmの高さでは、使用しずらいので、床よりもさらに40cm掘ってもらって180cmの高さに。
どろ付きの野菜を置いたり、使わないストーブを入れたり、何でも置いておける。勝手口もつけたので、子供たちがどろ遊び、水遊びをしても玄関から入らずに勝手口から入れるので玄関が汚れない。


子供部屋

北側になるので、暗くなると思い、2部屋とも天窓をつけた。暗くなると思っていたら、夕方になっても一番明るい部屋になった。
今は、まだ1部屋になっている。将来は、2部屋に分ける予定。


収納

廊下に大きな収納を作ってもらった。天井まであるかなり大きい収納棚なので、見えては困るこまごましたものや、買い置きの洗剤やシャンプー、体重計、掃除機、クリスマスツリー、水枕、裁縫箱などなどいろんな物が、いっぱ〜い入る。
それと、土間のとなりに納戸を作り、今まで使用していた衣装ダンスを入れてもらい、残った部分にポールをつけて服をつるす。服やバッグたくさん収納!!

重要なのは、タンスや家具のサイズを測り、最初にどこに置くかを決めてから、間取りを決めていく事。うちの衣装ダンスは、家を作っている途中に納戸に入れてもらった。床はその跡に貼った。





posted by 平屋の家づくり・ マイホーム at 00:00| 平屋の家づくり>間取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
住まいと雑貨情報
平屋の家づくり・マイホーム
スポンサードリンク
関東の渡良瀬川に架ける橋 宿・旅館・ホテル 宿泊net. 石田塾・7期募集 〜6期で得たものとは?〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。